なぜ海外での日本人経営飲食店はすぐ倒産してしまうのか?

寿司やラーメンをはじめとする、日本食は海外でもブームです。
そのブームに乗って、飲食店ビジネスで海外進出する方も増えてきました。

しかし、何とか開業に漕ぎ着けてもただガムシャラに頑張るだけの経営や、根拠の無い自信だけでは飲食店はすぐに潰れてしまいます。

日本と海外では同じ飲食店経営でも言葉や文化の違い等でそのやり方が全然違います。

私の住むハワイで言いますと新規開店の飲食店の3割は約1年で消えていきます。

そして1年持ったとしても3−5年以内には半分は潰れてしまう様な厳しい世界です。

まず、海外で飲食店を成功させるというイメージの中に、夢の様な未来が待っていると何となく考えてしまうのは、私も理解出来なくはありません。

ただその反面、失敗した時のリスクは大きい場合もあります。

皆さんの夢を打ち砕くつもりはありませんが、そこまで考えた上で始める事は必要です。

 

海外での飲食店経営の「秘訣」や「コツ」はありますが、全て一定ではありません。
特に日本よりも経済や社会情勢の移り変わりが早い速度の海外では、なおさらです。
それらは時代や時事、時間と共に変わっていきます。
ただ、その流れを見過ごさないために、学んでいくことはマストです。
それが一番の「コツ」とも言えます。

ただ海外での飲食店経営を根性論で頑張っても、ただ苦しいだけで全く楽しさがありません。
楽しくある事は飲食店を成功させる為の秘訣です。

こういうと、人それぞれにゴールや目標が違うので色々な意見があると思いますが、大切なことは継続、成長だと思います。
どんなところに集中して継続していけば良いのかが解ります。
海外での飲食店経営には沢山の落とし穴があり、分かっていれば回避できる事は沢山あります。
私のコンサルティングやスクールを受けていただく事により、無駄な時間や労力を使わないように、それらを全て経営にプラスになる方向に使える事ができる事が出来ます。
そう言う意味では金銭的な価値にすれば数千万、数億の価値があると思っています。

海外で飲食店を始めようとか、始めたい、何となく考えているという方達にも、私の経験からどのような方法で始めていくのが良いのかを、私が皆さんそれぞれ一人一人にコンサルテーションをさせて頂いています。

私も中々前に進めない時期が長くありました。

今、皆さんがどのような状況でも定期的に無料相談もしておりますので、是非お気軽にご相談ください。
そういう方達にとって、少してでも前に進むきっかけになれたら良いと思っています。

私の住むハワイでの飲食店の現状

円安もあってか、コロナ以降日本から観光で来る日本人の数も激減しました。その反面、アメリカ本土からのアメリカ人観光客は激増、アジアからも様々な観光客で賑わいを見せています。

そんな中、ハワイの日本料理店も客層が日本人観光客からアメリカ本土やヨーロッパ、アジアからとここでもグローバル化しています。

日本にいると分かりずらいかもしれませんが、円安ドル高というのは外貨を稼ぐチャンスという事もあり、日本でのインバウンドで外国人をターゲットにするよりも効率的なビジネスが可能な状況です。

そこで日本からハワイに商業用物件を探しに来る際にはどんな事に気をつける事が大事なのでしょうか?

 

また多くの飲食店経営者が抱える問題として人材という事がありますが、ハワイでは特にどんな事に気をつけて運営していくのでしょうか?

トシ伊藤から皆様へ

塾長 トシ伊藤からごあいさつ

飲食店の経営は決して甘くはありません。
多くの人たちにとって、リタイヤした人、独立をする為に会社を辞めた人等にとって、始めやすい人気の業種です。
その為に理想を追求し過ぎてしまい、失敗する例も非常に多くあります。
まずは自分の理想よりもお客様に喜ばれる事を考えながら始めていく事が一番大切です。
ビジネスの根本を考えたら、顧客が喜ぶサービスを提供する事は当然のことなのですが、始めて飲食店を始める方に多いのは、どうしても自分の城を立てるという気持ちが出てしまい、気付かぬうちに自分の理想を優先し廃業しまうというケースは非常に多く見ます。
皮肉なことにそれでもそこそこ上手くいくケースもあり、その場合はもっと悲惨です。あまり利益が出ていないので、経営状態はカスカスで人も雇えず、何とか自分が人の2倍3倍頑張れば何とかなっているような状態。何とか営業は出来ているが、時間に追われ戦略をたてられずに将来に不安を感じ続けている。
こういった事にならないようにお店を始める前にはしっかりとしたプランニングが必要です。
もし上手くいかなかったら、第二第三の作戦まで考えておく。
逃げ道も用意しておくことで、思い切って始める事ができます。
そこまでしっかりしたイメージが出来て、飲食店経営を始める不安や心配がなくなり、楽しく経営が出来るようになります。
私は日本でも海外でも飲食店を経営してきましたが、全て上手くいった訳ではありません。
失敗に多くの時間を使い、その経験を活かして小さな店舗でも1億円の売り上げを達成してきました。
この”どうせやるならハワイで飲食店”はその名の通り、実際にハワイで飲食店を始めたいと考えている人達にとって少しでも希望の光になれたら良いと思って作りました。
やはりハワイで飲食店を始めるには、正直残念ながら騙されたりする事もありますし、日本で始めるよりもハードルは高いです。
でも、私に出来たのですから決して皆さんにも不可能ではありません。
私の知る限りの知識をこの商材で説明させていただいております。
是非、参考にして一歩踏み出してください。

プロフィール
高校生の時(バブル時代)にバイトしたレストランの売り上げが一日100万円だった事が飲食店経営を目指すきっかけ。
その後、バブルが弾け、日本は不況にい陥り、就職氷河期ということも背景にあり、飲食店への就職を目指し、調理師の資格をとるために学校に通った。

・なぜ海外を選んだのか?
好きなサーフィンをしながら、仕事も頑張れる場所を探したら、ハワイだった。
仕事とライフのバランスこそが、メンタルを保つ為にも継続する為にも重要だと信じています。
英語はできなかったが、語学にフォーカスせず、調理師としての技術にフォーカスして自信を持って渡米しました。
好きなことをしていると、話せなくてもコミュニケーションが取れ、職場自体も楽しめました。
言語を超えて伝える力も大事だと思います。

現在、ワイキキの人気寿司店オーナーとして従業員と共にお店を切り盛りしながら、スクールを立ち上げています。

お問い合わせはこちらからどうぞ

どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらからどうぞ

海外飲食店の事なら、どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

    お名前

    Email

    お問い合わせ内容

    ※こちらからの返信文がお客様の迷惑フォルダやおしらせ・プロモーションフォルダに入ってしまうことがあります。
    お手数ですが、受信箱に届かない場合は迷惑フォルダを必ずご確認ください。

    ※携帯メールやHotmailのメールですと、こちらからの返信が受信できないことがございます。
    大変お手数ですが、GmailやYahooなどその他のメルアドでお送りいただくか、以下のコンタクト情報に記載のあるいずれかの方法でご連絡ください。

    ※24時間以内に返信がない場合は、技術的なトラブルも考えられますので、お手数ですが以下のメールアドレスまでご連絡ください。
    info@diyinshoku.com

    PAGE TOP